妊娠7週目、出血はまだあるものの胎児は順調に育っている様子。来週には産科へ紹介状書いて治療は終了だと言われホルモン補充はせず帰宅。旦那も私ももう大丈夫だろうと思っており、食べづわりだった私は昼は豪華に焼肉定食。

eco7

それが・・・その日の夕方5時ごろに激しい腹痛がありソファで横になっていたけれどお腹を下したような痛みを伴いトイレに駆け込みます。案の定お腹が下り、出すものがこれ以上ないだろうと思うぐらい下痢が続きました。これで治まるかと祈りながら再び横になったのですが、冷や汗のような湿り具合が下着をまとわり触って見ると出血してます。すぐ夜用のナプキンに付け替えて横になってはみましたが腹痛が止まりません。20分ぐらい経過してでしょうかトイレに行くともう夜用ナプキンいっぱいに出血し、固まりも沢山でてます。

トイレにこもりながらひたすらお腹を擦って痛いのを堪えていましたが・・・生理2-3日目の出血量が1時間で出し切るくらいの出血。時間はもう午後の7時を回っています。「こりゃ全部出ちゃったかも・・・」と半分冷静に考えながらも貧血のせいもあってか血の気がサーっと引きました。

大量出血は職場で見慣れていましたが、自分では初めてでしたしあまりにも酷かったので旦那に見せたくてトイレを開けて呼んだりとちょっとパニックになってた気はします。腹痛は続いてましたがピークは過ぎていて、出血も止まったようなので夜用ナプキンを付けて布団に包まって次の日がくるのを待ちました。

翌朝、不妊センターへ電話し看護師が対応。残物は持って行かなくていいようなためすぐ来院。エコーで診察。何も映ってません。主治医が休みだったので代診でした。医師はポツリと「完全にでちゃったかなぁ・・・」と。止血剤だけ処方されてその日は帰宅しました。朝のだるさや気持ちが悪いといったつわり症状は全くなくなり腹痛も治まってました。

3日後、主治医が再度診察。「出た塊に白いのはなかったか?」と聞かれ、そこまでじっくり掘り返して見れなかったのが悔やまれました。

子宮内に残存物がないかを耳かきみたいなものでかき出されます。痛かった・・・。ないのが分かっても子宮収縮剤が処方されました。痛かった・・・。自分の体調が戻っても、今度は妊娠報告した人たちに連絡するのが申し訳なくなりました。

流産っていろんな痛みを伴います。あまりしたくない経験です。

 

痛みと出血の恐怖を初体験したわけですが、これは多少なりともトラウマになりますね。次に妊娠した時に腹痛が起きると、記憶がフィードバックしました。

スポンサーリンク