27歳の結婚前で同姓生活を始めたころ、生理でもないのに1日目のような出血が2週間つづきました。さて、職場には婦人科がないし、どこに行こう・・・と悩みながら仕事帰りにキョロキョロしていると職場から徒歩2分のビル内にクリニックがあるではないですか!仕事が終わってからでも通えるしラッキーと思いました。待合室は手狭で20席ほどある椅子はほぼ満席。テレビは置いてあるのに点いておらず咳払いもできないようなシーンとした雰囲気です。

受付では「混んでおりますので予約の方でも2時間はお待たせいたします。初めての方は予約の方が優先ですのでそれ以上になりますが宜しいですか?」と、淡々と話す茶色の髪の若い事務員。120分で20人捌くのは1人6分。妥当だけど…17時以降で医師一人でやってるクリニックってこんなに待つことを初めて知りましたね。

採血とエコーと子宮頸がん検査をしましたtest

基礎体温をしばらくつけましょうと言われ2週間後に再来。私の不正出血の原因はホルモンバランスが崩れていたためでした。女性ホルモン値が正常値より低く、男性ホルモン値が正常より高くなってました。医師は「う~ん、この値は閉経後のおばあさんと同じぐらいだね。ストレスかね?」と。不正出血はホルモン剤と漢方を飲んですぐ止まりました。それから漢方と基礎体温をしばらく続け約半年間通いホルモン値も生理周期も正常になったところで終了です。

医師から「まだいいけど不妊治療の相談もここでできるからね」と最終日に残した意味深な言葉。この頃は結婚したばかりでまだ20代、周りからは新婚だと言われてたのに『不妊治療!?』子作りさえまだまだでしょと思っていたので逆に何故この先生は私にそんな事言うんだろう?と少しムッとした記憶があります。それからもう7年ですね。先生!あなたの助言は正しかったです!!

ベテラン医師の何気ない一言には何かある

スポンサーリンク